本文へスキップ
坂戸市消防団 SAKADO CITY     VOLUNTEER         FIRE CORPS

活動報告report


  令和4年度 活動報告(団行事)
11月  20日   救助資機材取扱技能認定
10・11月    家族慰安研修
11月  6日   坂戸・鶴ヶ島消防組合 消防特別点検
10月  8・9日   幹部視察研修
9月   24日  車両特別整備
9月  4日   坂戸市防災訓練
7月   19日  大学生機能別消防団員 普通救命講習受講
7月   2日 第2ブロック連絡協議会女性消防団員研修
 6月 26日   消防操法大会
6月  12日   越辺川・高麗川水害予防組合水防演習
6月  1・7日   重要水防箇所共同巡視
 5月 17日   坂戸ろう学園防災訓練への参加
4月  24日   消防協会坂戸支部幹部教養研修
4月  3日  坂戸市消防団辞令交付式 
     



令和4年11月20日
救助資機材取扱技能認定
於:坂戸消防署東分署
【救助資機材取扱技能認定の実施について】

11月20日、坂戸消防署東分署において、消防協会坂戸支部の救助資機材取扱技能認定が実施されました。

技能認定は、エンジンカッター、チェーンソー、電動コンビツール及び可搬ウインチ の4種目あり、各隊1種目にエントリーします。指揮者と操作員の両方を行い実施要領に沿って審査が行われ、合格者には技能認定証が交付されます。

今後、他の資機材においても訓練を重ねた上で技能認定を取得し、各団員が同様に全ての救助資機材を安全確実に取り扱えるよう技術を習得し、市民の安心安全のために運用をしてまいります。

今後とも消防団の活動に対し、御理解御協力をよろしくお願い致します。
 



令和4年10月・11月
家族慰安研修
於:各所
【家族慰安研修の実施について】

日頃、消防団活動に御理解御協力をいただいている御家族に、感謝と慰労の気持ちを込め、坂戸市消防団員互助会による家族慰安研修が、コロナ感染対策を施し、3年ぶりに実施されました。

今回も御家族、団員個人での参加に考慮した3コース・4日間をご用意しました。
1.屋形船(横浜港)
2.味覚狩り・温泉(山梨)
3.ディズニーリゾート
4.ディズニーリゾート(県民の日
)
やはり、例年に比べ参加者は少なかったですが、唯一の家族と共に過ごせる団行事、参加された皆さんとても楽しんでいました。
 



令和4年11月6日
坂戸・鶴ヶ島消防組合 
消防特別点検
於:運動公園
【消防特別点検の実施について】
坂戸・鶴ヶ島消防組合 消防特別点検が坂戸市民総合運動公園で実施されました。
本年は、例年使用している会場が使用出来ず、消防本部車両は2台のみ参加し、分列行進も中止となりました。
久々(水害、コロナにより4年振り)の開催でしたが、各隊日々の訓練の成果を管理者にお見せすることが出来ました。
・人員服装規律の点検
・機械器具点検
・表彰式
・放水試験(高麗川北坂戸橋上流左岸)
これから火災多発期をむかえますので、火の元、火の取り扱いには十分にご注意ください。
坂戸市消防団はこれからも地域の安心安全の為に活動して参りますので、皆さまのご支援ご協力をお願い致します。
 



令和4年10月8日、9日
幹部視察研修

於:長野県ほか
【役員視察研修の実施について】
 10月8日(土)〜9日(日)の2日間、坂戸市消防団小島顧問様、坂戸消防署神田署長様を御来賓にお招きし、
坂戸市消防団役員視察研修が3年振りに実施されました。
本年の研修では、2日目に長野県須坂市消防団を訪問させていただき、情報交換をさせていただきました。

[視察行程]
1日目:八ッ場ダム→善光寺
2日目:黒岩果樹園→須坂市消防本部(須坂市消防団視察)→上田城跡

須坂市消防団は2016年4月に坂戸市消防団を視察研修でご訪問いただいており、
2019年10月の台風19号では当団と同じく水害による甚大な被害があり長時間に及ぶ水防団活動を実施していること、
及び本年より機能別団員(第1種・第2種)を運用していることから、当団としても参考にさせていただくことが多く、
本年の視察研修先とさせていただきました。

須坂市消防団の皆様、お忙しい中、視察研修を受入れていただき、大変有難うございました。
とても有意義な研修となりました。

※本研修は検討を重ね、コロナ感染対策を施し実施しております。
 



令和4年9月24日
車両
特別整備
於:鶴ヶ島消防署
【車両特別整備の実施について】

本日、坂戸・鶴ヶ島消防組合 鶴ヶ島消防署において消防団車両特別整備が行われました。

専門業者によるポンプ等の点検と合わせて、団本部による車両・積載品の整備・清掃状況、発電機や救助資機材等のエンジン始動状況等の点検を受けました。

また、一昨年より各車庫詰所からの執行に際し、デジタル無線機の通信訓練も行われ、通信技術の向上、電波状況の確認にも努めています。

いつ起こるか分からない災害出場に備え、日々の整備により地域の安心安全の為に努めて参ります。
 


令和4年9月4日
坂戸市防災訓練
於:坂戸市内各所
【坂戸市防災訓練への参加について】

9月4日(日)に坂戸市防災訓練が入西分団管轄で実施されました。

防災無線、エリアメールの受信により訓練が始まり、各分団・部は管轄区域を巡回し被害状況確認・情報収集を行いながら、団本部による無線統制、指揮・情報伝達により訓練が実施されました。

入西地区では、入西分団及び女性部が対応し、入西小学校・サンテ坂戸で避難所開設訓練が行われ、地域住民を対象に段ボールベッド・テントや簡易トイレの設営訓練を実施しました。
 


令和4年7月19日
大学生機能別消防団員 普通救命講習
於:城西大学
【大学生機能別消防団員 普通救命講習受講について】

坂戸市消防団女性部4名が講師となり、大学生機能別団員を対象とした普通救命講習が城西大学を会場として行われました。

今回は、城西大学・明海大学の団員29名が受講しました。

大学機能別消防団は、コロナ禍で活動ができない期間が続き、今期も辞令交付式ができなかったことから、初めての消防団活動となりました。

事前にWebで学習しての講習で理解が早くスムーズな進行で講習ができました。
学生だけあって、理解も早く、声も良く出ていて、講師の質問にも積極的に挙手して答えてくれていました。
最後の自己紹介では、学生達が皆「地域の為に貢献が出来れば」と、嬉しい言葉をいただきました。

実災害での出場が有っては困りますが、今日覚えてことを有事の際は実践してくれることでしょう。
消防団の活性化も含め、頑張って活動していただきたいと思います。
 


令和4年7月2日
第2ブロック連絡協議会女性消防団員研修
於:坂戸グランドホテル
【第2ブロック連絡協議会女性消防団員研修について】

今日は前々から展示物の準備や発表の練習を重ねてきた、第2ブロック連絡協議会女性消防団員研修でした。
坂戸・鶴ヶ島が研修の担当になってから、コロナ禍で2年も延期になっていましたが、やっと人数を制限しての開催ができました。

「さかろん」と「つるゴン」が受付でお客様をお出迎えしました。

初めに広島市西消防団の副団長で消防団等充実強化アドバイザーの神村登紀恵氏の講演があり
2018年7月の大雨により発生した広島県の土砂災害時の女性部の活動をお話していただきました。
実体験に基づいたお話はとても参考になりました。

次に坂戸市・鶴ヶ島市の活動発表を行いました。
・今回初お披露目の新キャラクターのウルくんとくうちゃんによる挨拶
・今までの活動をまとめたパワーポイント
・幼児教育等で子どもたちと一緒にやっている、コロナ予防体操
・同じく幼児教育等で披露している紙芝居
たくさん練習してきたので、今日は思い切り、堂々と、楽しくできました。
参加してくださった第2ブロックの他の消防団の方々にも楽しんでもらえ今後の活動の参考にしていただけたらうれしいです。
 


令和4年6月26日
消防操法大会
於:水処理センター
【消防操法大会の実施について】

本日、石井水処理センター(坂戸市石井)に於いて消防操法大会が実施されました。
本大会は隔年で行われる大会ですが、コロナによる中止が続き4年振りの大会となりました。
出場16隊(坂戸市消防団12隊、鶴ヶ島市消防団4隊)共に数ヶ月間に及ぶ厳しい訓練を積んできた成果を発揮すべく全力で頑張りました。

今大会から、各分団2隊以上の出場と要件を緩和し、全隊出場する分団や混成チームを組む分団も有り分団毎に要員を考慮してチーム編成を組んで臨みました。

大会に選手として出場した団員をはじめ、支えてきた全ての団員の皆さん、ご家族の皆さん、長きに渡る訓練大変お疲れ様でした。
 


令和4年6月12日
越辺川・高麗川水害予防組合水防演習
於:市内各所
【越辺川?高麗川水害予防組合水防演習の実施について】

 本日、坂戸市内3会場に於いて、越辺川?高麗川水害予防組合(坂戸市、越生町、毛呂山町)水防演習が実施されました。
これは例年、出水期に合わせて実施されており、
坂戸市開催年は演習、他2町開催年は訓練として行われてきました。

しかし、本年は坂戸市開催年でしたが、集結した1市2町の合同演習は行わず、
各自治体毎の演習として実施しました。

坂戸市では、
①小沼演習会場(月の輪工法)/三芳野公民館(土嚢作成)
②片柳演習会場(積み土嚢工法)/片柳地区区画整理地内(土嚢作成)

③萱方演習会場(積み土嚢工法)/大家公民館(土嚢作成)
の重要水防箇所で演習が行われた他、副団長が消防本部より坂戸市役所災害対策本部へのリエゾンで執行、女性部が防災活動車で各演習会場へ飲料の搬送等の訓練も併せて実施されました。

今迄と異なる演習で反省点も多々有りますが、より現実的な演習想定で行えたと思います。
これからも坂戸市消防団(水防団)は地域の為に活動して参りますので、
皆さまのご支援を宜しくお願い致します。
 


令和4年6月1日・7日
重要水防箇所共同巡視
於:越辺川/高麗川/飯盛川/葛川/他
これからの出水期を向かえるにあたり
1日に越辺川出張所管内重要水防箇所を
7日に県管理区間重要水防箇所を、関係機関との共同巡視が行われ、
消防団(水防団)からは団本部が同行し点検が行われました。

(点検箇所)
越辺川/毛呂山町苦林地先
高麗川/坂戸市浅羽地先(関越道高麗川橋梁上流堤防)
高麗川/坂戸市新ヶ谷地先
飯盛川/坂戸市小沼(飯盛川排水機場)
飯盛川/坂戸市片柳(西谷1号橋)
葛川  /坂戸市東和田(川尻橋)
 


令和4年5月17日
坂戸ろう学園防災訓練へ参加
於:坂戸ろう学園
坂戸ろう学園に於いて実施された防災訓練に、
坂戸市消防団(団本部、多機能部隊、女性部)が参加しました。

今回の参加は、消防庁が各都道府県へ発出した文書にて、「?略?地域防災の中核を担う消防団等が講演、体験学習、防災訓練等の防災教育を推進する?略?」を基に、県立坂戸ろう学園より依頼があり実現したものです。

これからも、坂戸市消防団は地域の安心安全の為に取り組んで参りますので、ご理解ご協力をお願いします。
 


 令和4年4月24日
消防協会坂戸支部幹部教養研修
於:水処理センター
水処理センターにおいて、消防協会坂戸支部幹部教養研修を実施しました。

今年度は消防操法大会の実施を予定していますが、今大会から実施要領が大幅に変更となるため、
消防本部の職員の方から変更点について詳しくご指導をいただきました。

坂戸市消防団からは入西分団第2部が展示隊として出場しました。

今回の研修で学んだことを活かし、出場する各隊は訓練に励んでいきます。
 


令和4年4月3日
坂戸市消防団辞令交付式
於:入西地域交流センター
【辞令交付式の実施について】

入西地域交流センターにおいて、令和4年度坂戸市消防団辞令交付式が規模を縮小して執り行われました。
式には、班長以上の団員と、新入団員のみの参加にて執り行われ、新入団員に対する任用辞令や、役職異動者に対する辞令の交付などが行われ、その後大澤団長より訓示を受けました。
また、退団者を代表して真仁田前副団長、前分団長3名が参列し、大澤団長から感謝状を受けました。
辞令を受けた団員の皆さんには今後の御活躍を期待し、退団された皆さんには長きに渡る消防団活動への感謝を申し上げます。

今後も地域防災の要として、各分団、部が協力し頑張って参りますので、坂戸市消防団への御支援御協力を宜しくお願いします。